本気で産後のボディライン回復を目指すならば産後6ヶ月までにやっておきたいこと


本気で産後のボディライン回復を目指すならば産後6ヶ月までにやっておきたいこと

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の「産後のボディケアコース」では、産後1ヶ月からの来院を推奨させて頂いております。

あくまで産後1ヶ月にこだわる理由はいろいろとあるのですが、そのなかで理由のひとつが出産後のボディラインのスムーズな回復のため。

もし、産後ケア産後の骨盤矯正で妊娠出産で崩してしまったボディラインの回復までを希望されるのであれば、できれば「産後6ヶ月まで」を目処に整えてしまう方が断然有利である理由があるのです。

今回は、「産後6ヶ月まで」に済ましておきたい理由について。

まず産後ケア、産後の骨盤矯正で本当に回復させておくべきもの

 

まずは当院が考える産後ケア産後の骨盤矯正の「本質」について。

産後のケアで本当に改善させておかなければならないものとは、いったい何なのでしょう?

これについては、ひとことで言うと当院では体幹バランスの回復にこそあるものだと考えます。

 

なお、ここでいう「体幹バランス」とは全身の筋肉を効率良く使えている状態にあるかどうかを指します。

妊娠出産を経た結果、機能することなく眠らせてしまった状態にある筋肉の存在が全身の筋力低下を引き起こすだけでなく、日常の動作において特定の筋肉に余計な負担を掛け続けることに繋がるのです。

当然、使い過ぎている筋肉は悲鳴を上げ、痛みやコリといった症状を作ってしまうことに。

いっぽう休眠状態にある筋肉は、熱を作ることが出来なくなり、あまりエネルギーを消費できない状態になってしまうという訳です。

 

姿勢はもとよりボディラインを作るのも、基礎代謝を左右するのも結局は筋肉であるわけです。

生まれてきたお子さんがまだ小さいうちに、ご自身の身体を整えてしまう方が賢明なのであり、それこそ産後1ヶ月の段階から育児に負けないカラダと、きちんと燃やせるカラダを目指しておくべきであると考えるのです。

骨盤軸整体荻窪院が産後1ヶ月からの産後ケア、産後の骨盤矯正を推奨するわけとは

まずは、きちんと動けるカラダにしておくことが大切

 

産後のボディラインを回復させるということは、ある意味、産後ケア、産後の骨盤矯正のその先にあるステージを目指すということでもあります。

産後に抱えてしまった痛みやコリ、尿もれやぽっこりお腹といったマイナートラブルからの改善だけでなく、ウエストラインやヒップラインの改善、ひいては体重のコントロールといったことにも取り組むことになるからです。

それには早い話、改善させるにあたって、やや強度を上げたものが要求されてくるというわけ。

しかし、痛みやコリや不調を抱えたままでは、当然そういったものに取り組むことも難しくなる訳で、そういった意味で、まずは産後1ヶ月から早々に育児に負けないカラダと、きちんと燃やせるカラダにしておくべきであるのです。

そして、きちんと動けるカラダにしておくべきなのであると。

産後6ヶ月までにボディラインを回復させておくべき理由

 

ここで今回の本題についての話となります。

なぜ「産後6ヶ月」までにボディラインの回復を済ませておくべきであるのか?

それは、授乳と食欲の存在があるから。

生まれてきた赤ちゃんが生後約半年間のあいだ成長していくには、当然ながらお母さんの母乳が必要となります。

だから、母体も充分な栄養を確保するために食欲も旺盛となるのですが、そのぶん母乳を通して赤ちゃんに栄養を渡してしまうことになるので、実際に食べた量ほどは太らないはずであるのです。

それはある意味、食べてもぜんぜん太らないボーナスステージのようなもの。

 

だけど、ここで食欲の赴くまま食べてしまってから「産後6ヶ月」を迎えてしまうと、大変なことになります。

離乳食が始まることで、飲んでくれる母乳の量も減り、母乳の質(成分)も変わってきてしまうからです。

また、実際には食欲も急に元には戻らないという話もよくお聞きするのです。

つまり、離乳食が始まるタイミングである産後6ヶ月までに、「何かを始めることができる」育児に負けないカラダに、「食べたものを熱に変えることのできる」きちんと燃やせるカラダにしておくことが大切であるのです。

そして、この機会に妊娠前よりもキレイなカラダを目指すのであれば、きちんと動けるカラダにしておくべきであると。

 

逆に無理な食事制限をかけたところで、たとえ減量に成功したとしても、おそらく鏡に映る姿は求めていた姿かたちとはおよそかけ離れたものとなっていることでしょう。

脂肪だけでなく筋肉までも痩せてしまうことになるからです。

そこで、再び普通に食べ始めてしまうと、大きなリバウンドが待っていることに。

筋肉量が落ちて基礎代謝が下がってしまっている状態にあるからです。

 

そして、筋肉は脂肪よりも断然重いという事実をまず踏まえてください。

だから産後女性にとって大切なのは、「今何キロ」なのではなく「体脂肪率」であるのです。

それをできれば授乳がメインとなる「産後6ヶ月」という時期のあいだにゆっくりと体質を変えていくことが最も負担が少なく現実的なのであります。

そこで、もし人生で最高のボディラインを目指したいのであれば、なにか強度の高いことを始めれば良い訳であるのですが、それには当然きちんと動けるカラダにしておくことが不可欠となってくるのです。

生活の中のついでで体幹を鍛えてしまおう【産後ケア、産後の骨盤矯正のその先へ】

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です