当院では特に足を組まないようにお願いしていない理由【本当に必要な産後ケアとは】


当院では特に足を組まないようにお願いしていない理由【本当に必要な産後ケアとは】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の施術メニューは、それこそシンプルに「産後のボディケアコース」と「マタニティ整体コース」の二本立てのみ。

それもそのはずで、骨盤軸整体荻窪院は産前産後ケアの専門院なのであるからで、また、その考え方は他の一般的な整体カイロプラクティック院と比べるとちょっと異質かもしれません。

そもそも骨盤が開いたり、閉じたり、歪んだりといった見方をしないのです。

だから、他の整体カイロプラクティック院で推奨することを当院でも必ずしも推奨するとは限りません。

具体的には、足を組まないようにお願いしたり、画一的な「正しい姿勢」を強要したり、骨盤ベルトを巻くことを推奨したりしないのです。

そもそもどうして産後ケア、産後の骨盤矯正をするべきであるのか?

 

今やすっかり一般的になった感がある産後ケア産後の骨盤矯正ですが、みなさん出産後はいったい何を求めて整体カイロプラクティック院に通われるのでしょうか?

多くの方は、開いた骨盤を締めるためだと即答するのでは?

「出産で開いてしまった骨盤を産後は直ちに締めておかないと、元に戻らなくなってしまう」

 

きっと、こういった強迫観念のもと整体カイロプラクティック院に通われる方が多いのでしょうが、当院ではそもそも骨盤が開く、歪むといった考え方を致しません。

事実、産後女性が抱えてしまう不調やトラブルのなかには、およそ「開いてしまった骨盤」にその原因を求めるのが無理なケースが多々存在するのです。

つまり、骨盤とは別のところに産後女性が不調やトラブルを抱えてしまう「決定的な原因」が存在するのであり、そのせいで出産すると骨盤が開いてしまったように見えてしまうだけであるということ。

そして、その「決定的な原因」を「重心の揺り戻し」という現象によって生じる体幹バランスの崩れであることを当院は突き止めたのです。

あくまで「決定的な原因」によってもたらされた結果として骨盤が開いたように見えるだけなのである以上、骨盤をいくら締めたところで、抱えてしまった問題の決定的な解決策とはなり得ないはずであると当院は考える訳であるのです。

崩れてしまった体幹バランスを回復させることこそが、本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正なのであると。

保育士さんが自分の子供だと腰や肩を痛めてしまう理由とは【重心の揺り戻し】

当院の産後ケアでは「正しい姿勢」を特にお教えしない理由

 

また多くの場合、出産すると大きく姿勢が変わってしまうもの。

そうでなくとも出産後は抱っこを繰り返す関係で、妊娠中の「お腹を前に突き出す」あの独特の姿勢をとり続けてしまうことになりがち。

そして、この姿勢が原因となって肩こりや腰痛、背中のハリなどといった不調に悩まされることになるのです。

だから、多くの整体カイロプラクティック院では妊娠出産で変わってしまった姿勢を矯正しようとするはず。

それも、画一的な基準での「正しい姿勢」に。

 

ところで「正しい姿勢」とはいったい何なのでしょう?

それはただ「視覚的に」良い姿勢なのではなく、体に負担をかけないという意味での「生理的に」良い姿勢であるべきなはず。

なお「生理的に」良い姿勢とは言い換えると、重い頭を抱えながらも重力といちばんケンカしない姿勢。

早い話、いちばん筋力を使わない、物理的に楽できる姿勢ということです。

そうなると、クライアントさん一人ひとりの筋肉のコンディションや骨格のバランスは、それぞれ違うものである以上は、それぞれに「正しい姿勢」の条件が変わってくるはず。

例えば、大きなお腹を抱えた妊婦さんは、そのボディバランス(重心バランス)のなかでベストな姿勢があるということ。

また、それは特に意識しなくとも、本来、筋肉が本能的に(自動的に)体に最も負担の掛らない姿勢をとってくれるものであると当院では考えるのです。

そして、これが正常に機能する状態を体幹バランスが成立している状態といい、間違っても他者が一方的に画一的な基準で押し付けるものではないのです。

正しい姿勢を意識してしまうと却って疲れてしまうのはこのせいで、骨盤軸整体を受けると勝手に背筋が伸び、姿勢が良くなってしまうのは体幹バランスが回復するからこそ。

だから当院では、正しい姿勢を特にお教えすることはありません。

身体が勝手に良い姿勢をとってくれるはずですから。

骨盤軸整体を受けると勝手に姿勢が良くなり、疲れにくくなってしまう理由とは

当院では出産後に骨盤ベルトの装着を推奨しない理由について

 

ところで骨格を支える(安定させる)原動力は、当たり前ですが筋肉であることに異論はないと思います。

特に骨格を安定させるように働くインナーマッスルがきちんとその機能を発揮してくれる状態にあれば、勝手に姿勢の方から良くなるというのは、さきほど話した通り。

これと同じ道理で、仮に開いてしまった骨盤を道具や機械といった「外力」で締めることが出来たとしても、それを外した途端に再び開いてしまうだけであることは想像に難しくないかと。

骨盤が開いたように見えてしまう本当の原因は、実は股関節を支える筋肉の機能低下にあるのです。

骨盤ベルトを締めないと骨盤が開いたままになるって本当?【骨盤ベルトの使い方】

これも結局、筋肉の機能回復という意味で、体幹バランスが回復がすることではじめて根本的な解決をみることになります。

だから、当院では骨盤ベルトの装着はいっさい推奨していません。

むしろ、装着し続けることで本来、骨盤を支えなければならない筋肉が弱ってしまうことによる弊害の方が大きいものと考えるくらいです。

産後ケア、産後の骨盤矯正に限らず本当の意味で「治す」こととは

 

産後ケア、産後の骨盤矯正に限らず、本当の意味で体を「治す」こととはいったい何なのでしょうか?

それは少なくとも、道具や機械による外力で矯正するものではないはず。

体が理由もなく勝手にそういうバランスに陥ってしまった訳なのではなく、体の使い方のクセや身のこなしといった部分に原因の本質は潜んでいるものなのです。

そして産後女性の場合に限っては、妊娠出産の過程で生じてしまった「重心の揺り戻し」に筋肉のコンディション低下の原因があるというわけ。

逆に言うと、こういった筋肉がきちんと本来の機能を発揮できる状態にあれば、それこそ自然と骨盤は締まり、お腹を突き出す独特の姿勢から解放されることになるのです。

 

それと当院ではクライアントの皆さんに「足を組まないように」お願いすることはありません。

そもそも足を組んだくらいで簡単に歪んでしまうような脆弱な骨盤では駄目だと考えるからです。

また、多少抱っこしたくらいで簡単に腰が反り返らないボディバランスであることが重要であるのです。

つまり、体幹バランスを回復させることによって、多少のマイナス要素で簡単に崩れない「復元力」を高めることが産後女性にとって最も大切であると考えるのです。

そして、それこそが本当に必要な産後ケア、産後の骨盤矯正なのであると。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です