荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

妊婦さんによく起こる坐骨神経痛の本当の原因

Pocket

臨月近い妊婦さん

 

妊婦さんが抱えてしまう代表的な症状に坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)があります。

片足、まれに両足の広範囲が痺れてしまう、とても辛い症状。

実は、マタニティ期にしばしば起こる、決して珍しい症状ではないのです。

 

妊婦さんに起こる坐骨神経痛の原因とは

 

妊婦さんの場合、原因はいわゆる「椎間板ヘルニア」とは全く別のところにあるのがほとんど。

でも気をつけて下さいね。

 

けっこう整形外科で、こう診断されたりすることが多いのです。

 

「椎間板ヘルニアっぽいね」

「ヘルニア気味かもね」

 

まあ、妊婦さんだからレントゲンが撮れないといった事情もあり、確定診断のつけようがないわけで、しょうがないのですがね。

でも当院のマタニティ整体コースで、たくさんの妊婦さんを診てきた結論をいわせてもらうと…。

 

多くの妊婦さんの抱える坐骨神経痛の原因は、実は「お尻の筋肉」のトラブルだったりするのです。

 

妊婦さん独特の「腰を反らす立ち方」が臀部(お尻)の筋肉にどうしても余計な負担を掛けてしまいます。

その結果、硬くなった臀部の筋肉(とくに梨状筋という筋肉)が直下を走る坐骨神経を圧迫して発症してしまうのです。

 

妊婦さんの坐骨神経痛から改善を図るには

 

妊婦さんの整体を積み木に例える

 

 

では、マタニティ期に抱えてしまった坐骨神経痛から改善を図るにはどうしたら良いのか。

まずは臀部の筋肉の過度の緊張を緩和することです。

 

次に緩めた筋肉をある程度キープする。

ここが工夫のポイントとなります。

ここでマタニティ整体コースのノウハウが生きてくるわけですね。

 

マタニティ整体コースによる根本的な解決

 

それでは、当院のマタニティ整体コースで、患者さん皆さまにお教えしていることをかいつまんで挙げてみると以下の通りとなります。

リラキシンの影響で弛んでしまっている骨盤を骨盤ベルトで「正しく」補強してあげる。
かといって安静にしすぎてしまうと却って臀部の筋肉の緊張を呼んでしまうので、そういった意味での適切な運動のアドバイス。
妊婦さんの腰がある程度反ってしまうのは仕方がないので、予防的に自宅で臀筋のストレッチをしてもらう。
背骨や骨盤を支えるとくに大きな筋肉を緩めることによって、腰が反り返り過ぎないようにコントロールする。

 

妊婦さんといっても、妊娠週によってお身体の状況がだいぶ変わってきます。

なので妊娠初期、中期、後期とそれぞれの時期にあわせたアプローチが必要となってきます

 

妊婦さんこそ早めの対策をお勧めします!!

 

当たり前ですが、妊婦さんのお腹は日々大きく成長していきます。

臨月近くに入ってしまった妊婦さんの症状ほど、完全に取り去ることがむずかしくなってきます。

 

その理由は、原因の多くの部分が、大きく成長したお腹によって変わってしまった姿勢にあるわけですから。

 

正常に歩けない状態になってしまってから来院される妊婦さんもいらっしゃいます。

もちろんそういった方々は、ある程度集中的に来院をして頂くことになってしまいます。

ですので、妊婦さんの皆さまには症状が大きく悪化する前に、早めにマタニティ整体コースお受けになることおすすめ致します。

 

その治療院の「マタニティ整体」は、本当にきちんとしたノウハウにもとづいていますか?

 

来院された患者さまの声を参考にどうぞ

トップページへ戻る

 

 

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31  
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.